その他に関連する情報

高卒の資格があるだけでも国家公務員になれますが、大学の卒業資格を持つ人と比較すると、高卒の資格だけの人は、昇進・昇給のスピードが遅くなる傾向にあります。また、生涯で得ることのできる収入を比較しても、高卒資格だけの人よりも、大卒の資格を持つ人にアドバンテージがあります。このような現状を見直そうという意見もあるものの、現在のところ、学歴重視という色合いが濃い職種ともなっている状況です。

地方公務員・国家公務員のいずれも、就職するためには、採用試験にパスすることが必要となります。公務員の採用試験を受ける準備をするためには、一般には大学へ通うケースが多いのですが、専門学校に通うという選択肢もあります。カリキュラムは、それぞれの学校によっても異なりますが、専門学校の場合、2年間という在学期間中に、受験に必要な学習を終えなくてはいけないため、それだけハードなスケジュールになるでしょう。

また、公務員になれなかった場合、専門学校卒業が最終学歴となるため、就職活動をする際、大卒の学歴を持つ人よりも不利になる場合があります。とは言うものの、専門学校では短期間で集中的に学習できるほか、同じ夢を持つ生徒が多く、良い意味での刺激を受けやすいというメリットがあります。